風の音階

低気圧なのか、荒天。 井の頭線の運転室からの風切り音ははっきりと、この国の古来からの音階を奏でているように聞こえた。迷わずiPhoneを出して記録。高校の同級生に、アンデス育ちの日系二世がいた。まるで6歳のような澄んだ眼

津田塾講演

明日木曜日の13時から、津田塾大学で講演いたします。 講演タイトルは「夢をカスタマイズする」 一般の聴講が可能なようです。 http://www.tsuda.ac.jp/open-college/synthesis/sp
初詣2018

迎春・災害大国の宗教観

「初詣」が俳句の季語に登場するのは明治後期以降で、大挙して年始に神社に詣でるのは「鉄道の発展によって生まれた比較的新しい文化」だという。 上記を著述している宗教学者の島田裕己氏の見解は面白い。 「台風、津波、地震の災害大