Who am I?

taro_white_suites_edited一線のゴスペルプロデューサーから、いちゴスペルシンガーまで、
陽気に歌い踊る黒い肌をした彼らは
いつも人生にポジティブに向かい合うエネルギーを僕にくれた。

信仰、歴史、音の構造、それら全てが
ゴスペルミュージックに命のエネルギーを与えている。
彼らから夢中でそれらを学ぶうちに、
専門家になっている自分を見つけた。
 この音楽に憧れて歩いて来た自分を誇らしく思う。

でも、 「特定の宗教に入る事で初めて人は救われるのだ』、という考えに、自分が傾いた事は一度もない。


「正しい宗教」は「正しい戦争」を生み出し、
必ず地球を丸コゲにしてしまうからだ。

情熱をもって神性について語る僕を、
ノンクリスチャン達はクリスチャンだと考え、
クリスチャン達はノンクリスチャンだと考える。


それが僕の妙。
それが、木島タローと、その音楽。

 

——————

Profile:

黒人教会での20年の演奏歴を持つ、在日米海軍契約ゴスペルミュージシャン。

Power Chorus 協会共同代表。

プロチームDreamers Union Choir を率いて、テレビ番組の主題歌を歌ったり、グラミー賞アーティスト、The Sounds Of Blackness のNAACPイメージ賞アルバムに参加するなどしている。

全米最大規模の国際コンテスト「The John Lennon Songwriting Contest」のGospel/Inspirational カテゴリーにて、ファイナリストを受賞(2016 Session II)。

全国各地で20回以上に及ぶ100名規模のワークショップを行う他、都内を中心パワーコーラスクラスなど6クラスを指導。EXILE 「Ki-mi-ni-mu-chu」コーラスアレンジ、「スマ婚」テレビCM(ベッキー)」を始め、メジャーやインディーズの現場で活躍。

宗教活動としてのゴスペルと明確に分けた、Power Chorusコンセプトを提唱し、ライフワークとする。同コンセプトのグループは現在全国に11。

 自由の森学園中学校・高等学校、国立音楽大学リトミック専修卒。

国連英検A級