なぜにチューナーばかり

IMG_4758楽器屋に行くと疑問に思うことがある。

なんでこんなにチューナーばかり種類があるんだろう。

店長さんに聞くと、これでも勝負所がみな違うのだという。

 

とにかく小さい、大きくて見やすい、とにかく安い、スイッチが付いていなくて挟むと起動する、様々な角度に変えて固定できる、ずば抜けてファッショナブル・・・などなど。

まるで新商品戦略のデモンストレーションだ。

楽器メーカーの腐心がうかがえる。

こういうのなんか他にもあるなあと思ったら、歯ブラシと似てる。毛先が細い、毛先が球、ネックがまがる、二種類の硬さの毛の混合、なんの特徴もないが超安い・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>