それは小瓶のコレクション棚

大学で教え始めてつくづく思うのは、学生からの質問に答えてゆくことが一つ一つ、自分の言葉という財産になってゆくこと。   音楽を作り出すときには自分の中で「その答えの海の中を泳いではいる」ので水の存在をさして意識しないが、

不可避! 音楽家のハイブリッド化

DUCはリハを少しずつ再開こそしたものの、今はシンガー同士が距離を取らなくてはならず、マスクで音も聞きにくい。そこで今回、「赤外線同期メトロノーム」を使用して同期をとってみた。 製品に色々と問題は感じるものの、距離をとっ