prayjacket

Richard W. Johnson “Call On The Lord”

リックことRichard W. Johnson。 彼は美しい声と優れたセンスをもつ情熱的な作曲家で、大変に献身的なクリスチャンだ。 黒人シンガーではあるが、正統なゴスペルとは少し距離を置いていて、僕が弾くゴスペル礼拝では
jumpei_sitting1

千葉純平 “せわしなく見える世界で”

千葉純平は、埼玉県富士見、志木、朝霞を中心に活動するシンガーソングライター。 昔ながらの、気は優しくて力持ちタイプの地元ヒーロー。 その作曲は人間そのまま、優しく包み込むようだ。 歌は、それを必要としてくれる誰かのために
poteito_iwa_utashikanai

ぽていと “キーポンムーボン”

全国を歩くギターボーイ。 ずぶのアマチュアであった学生時代に知り合ったが、意外なほどの才覚をもっていた。 粗野なようで、統合されている、独特な言葉や楽曲のセンスには感嘆する。 実質1stアルバム(本当は2nd)で、アレン
sasa_up

sasa “心の光”

DUC まで含めたPower Chorus の歌い手のなかで、僕が唯一、そのオリジナル曲をレパートリーに取り込んだシンガーソングライター。 経験も音楽的素養もないと口にしながら、驚くべきクオリティーの作品と、誰にも文句が
raymond2

RayD Lewis “ABBA Father”

RayD Lewisことレイモンドは、日本で活躍するゴスペルディレクターで、作曲家。 自らの仕事と夢に情熱的で真面目。 舞台経験が豊富で、エンターテイメントをしっている。 彼の率いるTrue Praiseの、記念すべき第
udamegu

宇田めぐみ

Dreamers Union Choirのメンバーでもある宇田めぐみは、僕の知る中でも最も高い完成度の声の持ち主。 帯広Tearsは、彼女のお父さんが帯広のパン屋さんをプロデュースしたことから、パン屋の娘のテーマソングと
sisterreid

Sister Reid “No More Excuses”

シスターリードは長く日本で活動した深南部出身のゴスペルママ。 7曲のオリジナルをアレンジおよびレコーディングした。 宗教的にはかなり”敬虔”で、僕とは折り合わない部分が多かったが、伝統的で篤い信仰
kiethpowers_up

Kieth Powers “Picked Me Up”

キース。 日本滞在中、教会随一のシンガーだった。ソングライターとしても秀でていて、今はアメリカでレーベルを持っている。 この曲ではアレンジとレコーディングを手がけた。  
Kim_Dorce

Kimberly Dorce “Tonight”

キムは、教会の一シンガーだが、作曲の才にめぐまれている。 ゴスペルの曲も数ある中、夫に捧げる一曲をアレンジ、レコーディングさせてもらった。