「クワイアーで歌う事と免疫」サイエンス・デイリー誌 翻訳

Enlight98Facebookページで170万人のフォロワーがいる科学誌「ScienceDaily」の記事から翻訳しました。


Choir singing boosts immune system activity in cancer patients and carers, study shows
クワイアーで歌うことはガン患者とその介護者の免疫システムの活動を高める、との調査結果

Singing in a choir for just 1 hour causes physiological changes in people affected by cancer
Date:
April 4, 2016
Source:
ecancermedicalscience



Singing in a choir for just one hour boosts levels of immune proteins in people affected by cancer, reduces stress and improves mood, which in turn could have a positive impact on overall health, a new study by Tenovus Cancer Care and the Royal College of Music published today in ecancermedicalscience has found.

たった一時間クワイアーで歌うだけで、ガン患者の免疫プロテインレベルが上昇し、ストレスを緩和し、良い空気を作り上げ、健康状態全体に影響する効果を生み出すことが、テノヴァス癌ケアセンターおよびロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック研究調査で判明し、Eキャンサー・メディカル・サイエンスを通して発表された。


The research raises the possibility that singing in choir rehearsals could help to put people in the best possible position to receive treatment, maintain remission and support cancer patients.

この調査により、クワイアーのリハーサルで歌うことが、治療に理想的な状態をもたらし、痛みを緩和し、ガン患者をサポートする人をも理想的な状態に置く可能性を高めた。


The study tested 193 members of five different choirs. Results showed that singing for an hour was associated with significant reductions in stress hormones, such as cortisol, and increases in quantities of cytokines — proteins of the immune system — which can boost the body’s ability to fight serious illness.


調査は5つのクワイアーの193人を対象として行われた。結果は、一時間の歌唱が、コルチゾールのようなストレスホルモンの驚くべき減少を引き起こし、深刻な病気と闘うために有用なサイトカイン(免疫機能プロテイン)を増加させることがわかった。


Dr Ian Lewis, Director of Research and Policy at Tenovus Cancer Care and co-author of the research, said: “These are really exciting findings. We have been building a body of evidence over the past six years to show that singing in a choir can have a range of social, emotional and psychological benefits, and now we can see it has biological effects too.


調査の指揮者であるテノヴァス癌ケアセンターのイアン・ルイス医師と共著者は言う。「非常にエキサイティングな発見だ。クワイアーで歌うことの効能が社会的、感情的、精神的なものにまで及ぶことの具体的な証拠を6年にわたって集めてきたが、生物学的な影響まであることがわかった形だ。」

“We’ve long heard anecdotal evidence that singing in a choir makes people feel good, but this is the first time it’s been demonstrated that the immune system can be affected by singing. It’s really exciting and could enhance the way we support people with cancer in the future.”


「クワイアーで歌うことで人々の気分が良くなる話はいくらでも聞いてきたが、免疫システムに影響を与えることが実証されたのは初めてだ。これはエキサイティングなことで、今後のガン患者のサポートをより良いものにできる。」


The study also found that those with the lowest levels of mental wellbeing and highest levels of depression experienced greatest mood improvement, associated with lower levels of inflammation in the body. There is a link between high levels of inflammation and serious illness.

この調査ではまた、精神的健康状態の非常に悪い人々や高レベルの鬱状態にある人が体の負担なく劇的な気分の改善を得られることも発見した。

Choir members gave samples of their saliva before an hour of singing, and then again just after. The samples were analysed to see what changes occurred in a number of hormones, immune proteins, neuropeptides and receptors.

クワイアーメンバーは一時間の歌唱前と歌唱後に唾液を採取され、ホルモン数、免疫プロテイン数、ニューロペプチド、受容細胞の数を調べた。


Dr Daisy Fancourt, Research Associate at the Centre for Performance Science, a partnership between the Royal College of Music and Imperial College London and co-author of the research, said: “Many people affected by cancer can experience psychological difficulties such as stress, anxiety and depression. Research has demonstrated that these can suppress immune activity, at a time when patients need as much support as they can get from their immune system. This research is exciting as it suggests that an activity as simple as singing could reduce some of this stress-induced suppression, helping to improve wellbeing and quality of life amongst patients and put them in the best position to receive treatment.”


この調査の共著者であり、ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージックとインペリアル・カレッジ・ロンドン(訳注・イギリスの公立研究大学)の共同研究機関である「パフォーマンス・サイエンス・センター」のアソシエイトでもあるデイジー・ファンコート医師は言う。
「これまでの調査で見られたことですが、多くのガン患者が、ストレス、不安、鬱のような精神的な苦難を経験し、それらが免疫機能の働きを抑圧します。今まさに免疫システムから多くのサポートを必要としている時にこそそのようなことが起こってしまう。しかし、この調査結果はワクワクするようなものです。歌うと言うシンプルな行動がストレスに起因する免疫機能の減退を抑制し、患者の健康状態と人生の質を改善し、治療に適した状態にしてくれるなんて。」


Diane Raybould, 64, took part in the study and has been singing with the Bridgend Sing with Us choir since 2010. Diane was diagnosed with breast cancer when she was aged 50. Her daughter was diagnosed with breast cancer at the same time and sadly, passed away from the disease at just 28. Diane said: “Singing in the choir is about more than just enjoyment, it genuinely makes you feel better. The choir leaders play a huge part of course, but so does the support of the other choir members, the inspirational programme and uplifting songs. The choir is a family, simple as that. Having cancer and losing someone to cancer can be very isolating. With the choir, you can share experiences openly and that is hugely important.”


この調査に参加することになったダイアン・レイボールド(64)は、「ブリジェンド・シング・ウィズ・アス・クワイアー」で2010年から歌っている。ダイアンは自分が50歳の時乳ガンと診断されたが、彼女の娘も同時に乳ガンであることが発覚し、悲しいことに、28歳でこの世を去ってしまった。ダイアンは言う。「クワイアーで歌うことは娯楽なだけじゃない。それで心が楽になるの。」インスピレーションナルなプログラムや盛り上げる曲を作り出す上でクワイアーのリーダーたちは大きな役割を担っているが、他のクワイアーメンバーたちのサポートも大切だ。単純に、クワイアーは家族なのだ。ガンにかかったり誰かをガンで失うことはとても孤独な出来事だが、クワイアーでは、その経験をオープンにシェアすることができ、それはあまりに重要なことだ。


Rosie Dow, Head of Sing with Us at Tenovus Cancer Care and co-author of the research, added: “This research is so exciting, as it echoes everything all our choir members tell us about how singing has helped them. I’ve seen peoples’ lives transformed through singing in our choirs so knowing that singing also makes a biological difference will hopefully help us to reach more people with the message that singing is great for you — mind, body and soul.”

テネヴァス癌ケアセンターのシング・ウィズ・アスのリーダーで、研究の共著者であるロージー・ドーが付け加える。「この調査はワクワクするようなものです。私たちがクワイアーの中でお互いに歌うことがどれだけの救いになるかを話してきたそのことを、改めて実証するものですから。多くの人々の人生がクワイアーで歌う中で変わってゆくのを見てきました。ですから、歌うことが生物学的な変化をもたらすと言う事実は、もっと多くの人に、歌うことが人の心と体と魂にとってどれほど素晴らしいかを伝える助けとなるでしょう。」

Following on from this research, Tenovus Cancer Care is launching a two year study looking in more depth at the longitudinal effect of choir singing over several months. It will look at mental health, wellbeing, social support and ability to cope with cancer, alongside measuring stress hormones and immune function amongst patients, carers, staff and people who have lost somebody to cancer.


この調査結果から、テネヴァス癌ケアセンターは追加の2年間の調査を立ち上げることとなった。クワイアーで数カ月にわたって歌った場合のストレスホルモンと免疫機能の変化を測りながら、心の健康、幸福、社会的サポート、ガンに対抗する力についての継続的な効果を見る。ガン患者と、それをケアする人々やスタッフ、ガンで大切な人を失った人々が対象となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>