風の音階

低気圧なのか、荒天。


井の頭線の運転室からの風切り音ははっきりと、この国の古来からの音階を奏でているように聞こえた。
迷わずiPhoneを出して記録。

高校の同級生に、アンデス育ちの日系二世がいた。まるで6歳のような澄んだ眼差しと声を持った彼女に僕が、「フォルクローレのケイナ(尺八的な縦笛)の音色がたまらなく好きなんだ」というと、エクアドルの織物を羽織った彼女が、「ケイナの音は風の音なの」と楽しげに答えた。
その瞬間に僕はキラリと、楽器の音色はきっと自然の一つ一つの側面を表したものなんだ、と感じた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>