こういうゴスペルの選曲は、黒人教会の礼拝でもめっきり減った。

先週の礼拝をちょっとカメラをおいて収めてみた。こういうビートや和音感は、伝統的なゴスペルの特徴で、Deep South(深南部系)とか、Traditional はいはいちょっと待っていますとか、単に Old staffとか言う。

僕が礼拝で弾き始めた17年ほど前はもっとこういう曲目が多かったし、こういうナンバーこそ最も礼拝が高揚したものだった。

タイトルをミュージシャンに知らせることも予告することもなく、シンガーはただ歌い出し、歌い出された曲を、ああその曲ね、と判別し、そのシンガーが歌いだしたキーで弾かねばならないものだった。

Leave a Comment

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>