“Strength” by John P. Kee (1997)

2015年3月28日に行われた、Power Chorus のフラッグシップチーム、Dreamers Union Choir のライブより、90年代ゴスペルの代表曲のひとつ、Strengthの動画です。

 「神様は素晴らしいお方」「神様を賛美しよう」「ハレルヤ・ハレルヤ」、それらの言葉を繰り返す楽曲を、ゴスペルの中でも、Praise & Worship Songつまり、賛美と礼拝の歌、と言います。シンプルさ故に日本でも流行っています。
 しかし、Power Chorus では、そのような楽曲をゴスペルグループほどには頻繁に取り上げて歌いません。

 これらの言葉を本当の意味で理解し、その言葉を繰り返す事によって興奮し、その言葉を聞きたくてやってくるリスナーとその興奮を分かち合う事、それは、それを神事として行なうクリスチャンたちのための機会だからです。

 ゴスペルの現場である教会で黒人のクリスチャンたちがそれを全身全霊行なうのを実際に見たら、どんなシンガーも、それのまねごとを一生やってゆこうなどと思わなくなるでしょう。

 Power Chorus では、ゴスペルを歌うとき、その音楽が魂を持ったものであるために、その選曲には傾向があるのです。

 聖書の言葉に基づき、人が生きる強さ、今を生き抜き今とは違う自分になってゆく事を後押しする楽曲を、ゴスペルの中でも特にインスピレーショナルと呼ぶことがあります。これらの楽曲が、Power Chorus で頻度多く取り上げる楽曲となっています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>